高校留年から高卒認定

高校留年から高卒認定合格へ

高卒認定試験って?

 

年末になると高卒認定試験の問い合わせが非常に増えます。理由はこの時期に留年が決定または留年する確率が高いからです。ほとんどの人は高校留年になると高校を中退します。1学年下に残って高校へ行く人は非常に少ないでしょう。高校中退する事を見越して高卒認定試験を考え出します。

 

9月までに高校留年が決まっていれば11月に間に合う

高校留年する人には大きく分けて2つのパターンがあります。

  • 出席日数の不足
  • 成績の評価

成績の評価の留年は11月や12月にはほとんどが分かりません。理由は追試を行うからです。成績に関してはできる限り留年をしないようにしようと先生側も配慮します。高校留年でどうにもできないのが出席日数の不足です。これに関してはどうにかすることが難しいのです。もちろん補講して補える範囲であれば問題はありません。補講をすればいいでしょう。補講でまかなえない日数になった場合は留年決定です。1年間の前期によく欠席していて留年が早々に予想できる人は11月試験に間に合います。
高校留年 高卒認定 

11月に合格出来れば同級生と進学できる

11月試験の合格すれば同級生と一緒に進学が出来ます。これは高卒認定試験の最も大きなメリットの1つです。

 

まとめ

仮に高校留年が怪しいと思う人は高卒認定試験の願書だけでも出してみてはどうでしょうか。留年にならない場合は受験しなくてもよいでしょうし、もし留年になった場合は試験が受けられます。どっちにしても願書を提出すると同時に高卒認定対策は行っておく必要は出てきますが。。。

 

高卒認定試験って?