不登校や引きこもりから高卒認定を使って進学

不登校や引きこもりから高卒認定を使って進学

高卒認定試験って?

 

不登校、引きこもりの人が多く受けている試験は高卒認定試験です。

中学生でも高校生でも不登校の生徒は、

  • 不登校はどこに進学できるのか
  • 内申点が悪ければ進学は出来るのか
  • どれくらいの欠席であれば高校に進学できるのか
  • 不登校者が通信制高校の面接でどう回答するのが良いか
  • 高校から不登校になった時の進路の事

などなど。色んな事で悩んでいます。

 

中学不登校が高校に行ってもまた通えなくなるのか

最も多いのが「また通わなくなったらどうしよう」という事です。中学時代の不登校と高校時代の不登校は悩みが少し違います。中学の不登校生は高校進学の為の事を多く悩んでいるようです。高校生から心機一転不登校の自分から抜け出す事を目指します。しかし逆に又不登校になったらどうしようという事も同じく考えてしまいます。

 

高校を不登校になった時の進路

高校時代に不登校になる生徒も多くいます。そんな生徒の進路は

  • フリースクール
  • 定時制高校
  • 通信制高校
  • 高卒認定試験

代表的な進路としてはこの4つです。が・・・現実多い進路としては

  • インターネットを使ったほとんど登校しなくて良い通信制高校
  • 高卒認定試験

この2つです。ちなみに通信制高校に入学する前にフリースクールに通っている生徒は多くいて、通信制高校によってはフリースクールに通っていた期間を単位としてもらえるケースもあります。
不登校 高卒認定試験 
なぜこの2つが人気なのかは人間関係を作らなくて良いからです。今の通信制高校は最短登校日数が4日という学校もあります。高卒認定に至っては通信講座や独学で行えば人間関係を作る必要はありません。だからといって不登校の生徒が人と関わりを持つのを嫌がっているのかといえばそうでもなさそうです。バイトに行っている不登校生は多くいます。バイト先では自分自身を出し先輩たちと上手く人間関係を作っている生徒はたくさんいます。

 

不登校の生徒はやり直すキッカケを作りたい

不登校の生徒も自分でこのままではダメだという事は理解しています。だからこそバイトに行ったり進学を考えます。この行動はキッカケが欲しいからです。自信が持てるような事があればできる生徒がほとんどです。その上で不登校生にとって高卒認定試験や通信制高校はとても良いキッカケになります。どちらでも卒業や合格ができればその先には大学や専門学校に進学が出来ます。これは大きな自信になります。

 

まとめ

経済的に親に迷惑をかけられないと思っている不登校生徒は多くいます。そういった理由から不登校生は高卒認定試験を選びます。逆に絶対に高校を卒業したいと思っている生徒は通信制高校を選びます。どちらにしても大学や専門学校に行く事を考えているのであれば時間的にも金銭的にも高卒認定試験が良いかも分かりません。

 

高卒認定試験って?