高卒認定合格後の進路の最多は大学進学

高卒認定合格後の最も多い進路

高卒認定試験って?

 

2011年度高卒認定試験(大検)合格者を対象に文部科学省が下記の調査を行ったとのこと。

 

文部科学省は1月16日、
2011年度の高等学校卒業程度認定試験(高卒認定)合格者を対象に実施した、

 

合格後の進路状況について調査結果を公表した。

 

合格後の進路は、「高卒認定から大学に入学」が24.9%でもっとも高く、

 

大学への進学を希望した者の42.8%が希望どおりの大学へ入学していることがわかった。

 

高卒認定合格後の進路は、「大学に入学」(24.9%)の割合がもっとも高く、

 

次いで「来年の大学・短大・専門学校等の受験を準備」(23.4%)となった。

 

「大学・短大・専門学校・大学校へ入学した合格者は、45.0%(前回比5.4ポイント減)。

 

大学への進学を希望して高卒認定を受験した者の42.8%が希望どおりの大学へ入学している。

 

同様に、短大については50.3%、専門学校については55.4%が、

 

希望どおり入学した。進学以外では、来年の大学等の受験準備が23.4%、就職が8.9%という結果だった。

 

この調査から高卒認定試験を受ける約50%の人が大学、短大、専門学校への進学に使っている事がわかりますね。

 

高卒認定試験を受験している受験者層も高校中退が最も多い事を考えると

 

高校を中退したが冷静に先の将来のことを考えている人が多いことが分かりますね。

 

では、残りの約50%の人は?

 

どんな事に高卒認定試験を活用しているんでしょうか。

 

 

統計的なものは色々ありますのでここでは

 

高卒認定試験を受ける人から生で聞いた話を紹介します。

 

最近で1番よく聞くことが

 

高卒認定合格してからの進路は決めていない

 

というものです。

 

この内容を言う人は意外に多くいます。

 

「まずは高卒資格」をと考えています。

 

とりあえず今やりたい事がなかっても高卒資格を持っていることで

 

やりたい事が見つかった時に役立つ、
という事を思っているようです。

 

まあ、20代前半や10代後半の時点で人生の方向性を持っていなくても何ら問題がないと感じます。

 

逆にこの若い時点で人生設計が出来ている人の方が凄いなと。

 

実際、20代30代で高卒認定を受験される方は結構います。

 

この年齢の人達が高卒認定試験を受験する理由は様々ですが

 

多いのが資格取得のため、専門学校に行くためです。

 

社会に出て経験を経て子育てなどもして本当に自分がどういう方向性で進んでいくのかが見えたのでしょうね。

 

その方向性が見える前に10代後半や20代前半のうちに進みたい方向がなくても

高卒認定試験を受け合格しておくと本当に自分の道が見えた時にスムーズに進むことが出来ます。

 

子育てをしながら高卒認定の勉強は大変ですしね。

 

余談ですが、やはり年齢を重ねてからの高卒認定の受験科目数学英語はかなり厳しいという事を言っておられます。社会人になってから独学で高卒認定試験の過去問だけで勉強はどうやら難しいようです。高卒認定の予備校通信講座を利用する方は多いですね。

 

その点も考えてもできる限り早いうちに高卒認定試験を受ける事は得策です。

 

高卒認定試験って?