高卒認定試験、現代社会の出題傾向について

高卒認定試験、現代社会の出題傾向について

高卒認定試験って?

 

どんな資格検定でも同じですが、やはり高卒認定試験でも必ずといって良いほど問題の出題傾向があります。高卒認定過去問題集などを参考にしてもわかりますが、ほとんどの高卒認定の科目毎年ほぼ必ず出題されるといっても過言ではない範囲があります。
ここではその傾向とちょっとしたポイントを紹介していきます。

その傾向とポイントを抑えておくだけで大分点数が稼げるようになると思うので要チェックですよ。

 

高卒認定、社会の出題傾向

さまざまな高卒認定試験過去問でも範囲が多くて勉強が大変な現代社会にもやはり傾向があるようです。特に

  • 「現代社会と我々の生活」
  • 「現代社会と青年期」
  • 「社会とのつながり」
  • 「経済のしくみ」
  • 「国際社会関係」

はかなりの確立で出題される傾向にあるようですよ。また、意外と知らない方も多いようですが、時事問題も出題されることがほとんどなので日ごろからニュースや新聞に注目するようにしておくと自然と頭に入りやすくて良いかもしれませんね。高卒認定現代社会は暗記する問題も多いですが、

  • 時間をとられて集中しなければいけない表やグラフなどを読み取るような問題も多く出題されます。

これは予め読み取り方をクセ付けておかないととても時間をとられて他の問題まで手が行かないということにもなり兼ねないので注意が必要です。
高卒認定 現代社会 
表やグラフの場合は読み取る以外にも、問題文を良く読むことがポイントになります。
表やグラフを読み取る問題の多くは問題文のなかに重要なヒントが隠されていくことも少なくないので、表やグラフだけを見て判断するのではなく、落ち着いて文章を読み解くことも大切なポイントとなりますね。

 

こういった試験問題は時間配分が鍵となってくるので表やグラフに使う時間とそれ以外の問題に使う時間とをしっかりペース配分する練習もしておくと良いかもしれませんよ。