高卒認定試験、化学の出題傾向について

高卒認定試験、化学の出題傾向

高卒認定試験って?

 

数ある高卒認定科目の中でも高卒認定化学の傾向はかなりはっきりしているようで、
大問はいつも4つで構成されています。

  • 物質の変化が6問
  • 物質の構成から6問
  • 有機化合物から4問
  • 無機物質4問

20問はほぼこれらから出題されます。
これは高卒認定試験の過去問を見れば分かります。

  • 最初からそんなことわかってて良いの~?
  • なんてお得な気持ちなるのはまだ早い!

出題される数が分かっていてもその問題はどんなものが出るかはさすがに当日までわからないですよ。それぞれの傾向パターンはあるようなので繰り返し覚えましょう。

 

その他の出題傾向

物質の変化については酸化や還元など決まったパターンでの出題が非常に多く見られ、熱化学の方程式を利用した計算も物質の変化に関連して出題されます。物質の構成は構成要素や粒子についての問題が定番で、さらに必ずといって良いほど濃度の計算や物質量の計算などが出題されますよ。

 

学校のテストなどでも良く出題される食塩水の問題が良い例で、出るってわかっていたのにいざ問題が出たら結局解けなかったって経験がありませんか?有機化合物については主に特徴や性質はもちろん、その性質によって起こる反応様式もポイントとなりますよ。
高卒認定 化学 

理解するには?

それらを理解するためには特徴と性質を関連付けて覚えて、イコールで反応を記憶するようにしましょう。この4つの中でも少し厄介なのが無機物質かもしれません。無機物質については問題が出題されるのは確実ですが、ほぼ毎回異なる内容の問題が出題される傾向にあります。そのため元素ごとに性質はもちろん用途などを暗記しておく必要があります。

 

まとめ

高卒認定試験化学はどの問題も繰り返し繰り返し練習することで自然と頭に覚えさせることが必要です。数学のように基礎式がわかっていれば確実な答えが出せるというわけでも、国語のように普段から使っている言葉や文字について知識を増やすわけでもないので化学独特の元素や性質を覚えこませることです。高卒認定試験化学をクリアするうえでのコツといっても過言ではありませんよ。