高卒認定試験、英語の出題傾向

高卒認定試験、国語の出題傾向

高卒認定試験って?

 

統計的に女性が得意とされている国語ですが、実際には古文や漢文が意外と難しい高卒認定の科目です。
 
出題範囲も広く、勉強するのは一苦労ですが、英語などに比べれば頭に入りやすいのでは?
高卒認定国語で特に重要視しておくべきなのは文を理解することに関わってくる小説、評論、書き下し文です。ちょっとした読み違いや理解の違いで簡単に間違ってしまうという落とし穴がありますよ。
また、苦手な方も多い

  • 連体詞
  • 副詞
  • 係助詞
  • 助動詞
  • 古文・動詞・用語

などもそれぞれが問題数が少ない文ミスを重ねてしまうと痛い減点となるので要注意ですよ。
高卒認定 国語 

再読文字や使役・受身・仮定も見落としがち

簡単だと思われやすい疑問・反語も想像しているような言葉とは異なることも多いので、あまり簡単に考えずに自信があってもかならず高卒認定試験過去問などで目を通しておくようにしましょう。他の科目に比べても国語は簡単だと思われがちですが、

意外と国語を落とす方も少なくないので要注意。

 

高卒認定試験の国語に限らず、国語の問題をスムーズに解いていくには文章をできるだけ早く、確実に読んで内容をしっかり把握することがなにより大切です。そのためにも普段から文章を読むクセをつけておけると良いですね。

 

本でも新聞でもなんでも構いません。できるだけ漢字もたくさん入った小説のようなものを読むようにしておくとバッチリです。少しでも文字の取りこぼしがあるだけで文章全体の意味や内容が変わってきてしまうので、その後の問いに正確に答えることができなくなってしまうので注意しましょう。

 

まとめ

もちろん高卒認定(大検)国語でも選択肢から答えを選ぶ問題も多いので、問題となる文章をしっかり読み解くことができていれば問題ないはずですね。

 

いつもは漫画や雑誌しか読まないという方でも文章の多い本や小説を読むように心がけるだけで国語へのれっきとした対策になりますよ。日本人にとって身近な国語だからこそただ合格するのではなく、高得点での合格を狙ってみては?