高卒認定試験、英語の出題傾向

高卒認定試験、英語の出題傾向

高卒認定試験って?

 

最近ではかなり幼い頃から身につけようという意識が高まってきている英語はもちろん高卒認定試験にも欠かせませんね。昔に比べても今はどんな職業に就くにあたっても英語が理解できるということは大きなポイントとなります。

 

高卒認定英語だけではなく、その先を見た英語学習をしておくことがおすすめですよ。今回は高卒認定(大検)英語の出題傾向を紹介しますが、もっともっと広い範囲で常に勉強していけたら素敵ですよね。

高卒認定英語での大きな得点源となるいわゆる大問は2つ

  • 会話分で、場面設定された会話など理解する問題
  • 英文内容把握で英文の内容についての問題に答えるもの

どちらも単語一つ一つはもちろんですが、文の構成や全体的な流れを把握して問題に答える必要があり、高卒認定英語の中でも難しい問題です。

 

また、英語が苦手だなと感じているような方でも得点をとりやすい問題も実はあるんですよ~。出題数は決して多くはありませんが、

発音についての問題が出題されます。これは英語の問題の中でもっとも簡単かもしれません。

高卒認定 英語 

 

単語を提示され、その単語を発音するときにもっとも強く発音する場所を答える問題です。
これは中学校や高校の授業の中でも良く取り入れられるものですが、常日頃から出題範囲の単語を耳にするようにしておけば特に難しいことはないはずです。

そのほかにも

  • 適語選択
  • 整序英作
  • 英文要約

などの問題も出題されることが多いので高卒認定試験過去問を参考にしっかり勉強しておきたいですね。英語は知らないうちに自分から取り入れていることも少なくありません。

 

まとめ

きっかけはどんなことでも構わないのです。

  • 大好きな歌手の歌
  • 大好きな本や詩集の英語版
  • 興味のある映画を吹き替えではなく英語で聞いて日本語字幕でみる

のもひとつの手です。
自分で入っていきやすいと感じる世界からまず、英語にチャレンジしてみてはどうでしょう?英語は楽しんで身につければより身につきやすいですよ!