高卒認定試験、数学の出題傾向について

高卒認定試験、数学の出題傾向について

高卒認定試験って?

 

数学をもともと苦手としている人って意外と多いんですよね。でも数学は計算さえあえば必ず答えが出てくるものですよね?そんな数学は高卒認定数学であっても同じこと!でもそれにはまず、基礎の基礎から理解していることが重要なんですよ。

 

高卒認定(大検)の数学はどの高卒認定のどの科目と比べても特に出題傾向が偏っているようで、本当に毎年似たような問題が出題されます。なぜなら、計算は応用であってももとをたどれば一つの足し算から間違っていれば全てが間違ってしまうからです。そのため

  • 足し算
  • 引き算
  • 掛け算
  • 割り算

と当たり前にできると思っていてもそれらを複合させた問題でひとつ計算する順番が間違っただけで努力は水の泡になってしまうんです。

 

高卒認定数学の出題範囲

  • 乗法公式
  • 因数分解
  • 平方根

の3つが主なテーマになりますが、
小学校や中学校で習う

  • 計算順序
  • 分数の計算
  • 正の数・負に数

でつまづいてしまう人が非常に多いんです。
小学校、中学校で習った基礎的な計算を曖昧に記憶していると出題範囲となっている3つテーマを完璧に解くことができません。ですから、高卒認定数学において一番最初に習った数学から見直すことが非常に重要なポイントとなってくるんですよ!
高卒認定 数学 
高卒認定試験過去問にもそういった基礎的な問題が出てくることもあります。大丈夫大丈夫と思って飛ばしてしまうのではなく、本当に完璧に理解しているか、覚えているかの腕試しだと思って基礎でもバカにせず取り組んで見ましょう。そこで万が一ミスがあったとしてもまだ本番ではありませんから、恥ずかしがらずに何が間違っていたのかをとことん理解できるまで見直して次のステップに進みましょう。

 

まとめ

高卒認定数学は必須科目であり、合格には絶対欠かせない科目です。そして基礎ができていないと進むことが最も難しい科目でもあります。これは数学だけではなく高卒認定試験の科目に共通することです。逆を言ってしまえば基礎さえできていればあとは間違いにくい科目でもありますよ!そんな科目だからこそ高得点を狙って受けてみませんか?