高卒認定試験の受験科目

高卒認定受験科目と受験資格

高卒認定試験って?

 

高卒認定試験とは、かつて大検と呼ばれていたもので現在では高等学校卒業程度認定試験のことです。この試験に合格することで、大学受験をすることができるようになります。

就職においても高等学校を卒業した人と同じ扱いで採用試験を実施してくれます。高校卒業資格という人もいます。

 

あくまで高等学校を卒業していませんが、卒業する人と同レベルの学力を有していると判断されるからです。まず、高卒認定の受験資格ですがこの試験を受験する年度中に満16歳以上になる必要があります。高卒認定試験は8月と11月に行われます。試験当日は満15歳であっても問題ありません。

 

翌年の3月31日までに誕生日を迎えれば良いのです。一般的には高等学校へ入学していない中学卒の若者たちが受験する試験ですが、大検から高卒認定試験になってからは、受験資格に変更があり

 

全日制課程の高等学校に在籍している人でも受験することが可能になりました。最近では高等学校へ入学したものの、方向性の違いや学校に馴染めずに不登校となるケースや休学をすることが増えているため、高卒認定受験資格の幅が広がっていったのです。

 

ただし、注意しなければならないのは高卒認定を16歳17歳の人が受験し合格しても大学への受験資格は与えられず、満18歳になることによって受験資格が発生するという形をとっています。

 

高卒認定の受験科目について

一般の生徒が受験するセンター試験のような形式を採用しています。順に挙げていきますと
必須科目

  • 国語総合
  • 数学
  • 英語

社会系の科目

  • 世界史はAとBのどちらかを選択
  • 日本史と地理のそれぞれAとBからは4科目のうち1つを選択
  • 公民は現代社会か倫理プラス政治経済どちらかを選択

理科系

  • 化学と生物そして地学と物理、理科総合のうち2科目を選択

※平成26年8月試験から人間生活と科学が必須となります

 

センター試験については改革論議が進められており、それに伴って高卒認定試験の受験科目も変更される可能性があるので、受験希望者は最新の情報をチェックしておくことが大切です。受験科目に合わせた高卒認定試験の過去問を取り掛かりましょう。