高卒認定からカウンセラー

高卒認定からカウンセラーを目指す

高卒認定合格後カウンセラー資格を目指す人は多数います。現在、うつ病と診断される人が年々増加傾向にあるなど、精神的な課題を抱えている人は多くいます。そのような人たちの助けとなるべく各種のカウンセラーは、今後も活躍の場は増えていくものと考えられます。

 

一般にカウンセラーと呼ばれる職業には、国が積極的に関わるような資格が必要で、それが無ければ絶対に就業してはいけない、という決まりはありません。
例えば、カウンセラーとしての資格で最も権威があるのが臨床心理士資格でしょう。臨床心理士の資格を得られれば、それを武器に信頼性を獲得した上でカウンセリング業務を行うことができます。しかし、臨床心理士資格は、国が認可する団体が認定を行う資格ではあるのですが、あくまで民間資格という位置付けになります。

 

カウンセラー資格は国家資格がない

医師や弁護士などと異なり、その資格が無ければ人の心の悩みを聞いてはならないし罰せられるということは決してないのです。つまりカウンセラーは、さまざまな専門的知識を習得した上で、実力があるかないかが勝負の仕事であると言えるのです。ただし、いい加減な知識や技能でカウンセラーになられても、相談する方が困る事態になることが十分に予想されます。
高卒認定 カウンセラー 
そこで、カウンセラーを養成する各種の団体や施設が、そこでの研修を規定に沿って受けたことを条件に、カウンセラーを認定する制度を取るパターンが多く、臨床心理士も正にそれに該当する訳です。それらのカウンセラー養成施設・学校のほとんどは高卒以上を対象としているため、中卒者または高校中退者の立場からカウンセラーになるには、

  • 何の資格も持たずに腕一本で業界に殴りこみをかけるか
  • 高卒認定試験などの資格を取ってそれらの学校でカウンセリング技術を習得する

かのいずれかを選択することになります。

 

まとめ

場合によっては人の生命に関わる重要な仕事でもあるカウンセリング。
しっかりとした知識と技能を習得するには、やはり専門的に学ぶ必要があり、そのために高卒または高校卒業程度の資格を持つことは大前提となっていると言えます。高卒認定は、カウンセラーを目指す人にとっても、より短時間で高校卒業者と同等の資格を得ることができるのが大きなメリットです。

 

高卒認定試験って?