高卒認定のよくある質問

高卒認定についてのQ&A(よくある質問)

高校を中退したり、最初から高校を目指さなかったりした人に、高校卒業者と同じような立場で大学への進学公務員試験などに挑戦することができるようになる資格を与えるのが「高校卒業程度認定試験」、いわゆる高卒認定試験です。高卒認定試験で合格しても、高校卒業ということにはなりませんが、それと同等以上の学力があるということを国が認めてくれることで、その先の進路選択の幅が大きく拡がります。

 

高卒認定試験の難易度は?

高校卒業者と同等以上の学力を求められる試験なのだから、やはり高校3年間分に匹敵するかなりの質と量の勉強が必要になるのでは、と思われがちですが、難易度は決して高くはありません。中学2年生から通常の高校なら1年生の時に学習する内容がほとんど全てになります。しかし特に不登校の期間が中学、高校と長くあった場合などは、しっかり対策を取って準備をして臨まないと、何度受けても合格できない科目が生じたりするので要注意です。

試験は年に何回ですか?全科目を1回の試験で合格する必要がありますか?

高卒認定試験は、1年度内に2回、8月と11月に実施されています。年に2回チャンスがあるということになりますね。それぞれ、何科目受験しても良いですし、合格になった科目はその後ずっと2度受ける必要はなく、逆に不合格になった科目はその後合格するまで何度でも受けることができます。自分のペースで勉強と受験を進めることができるのです。

願書はどうやって取り寄せるんですか?

高卒認定の願書は、郵送で自宅に届けてもらうこともできますし、都道府県等の教育委員会などの窓口で受け取ることができます。高卒認定対策を行っている予備校などでもらうことができる場合もあります。

試験はどこで受けるんですか?

試験は、毎回都道府県毎に1会場が設定され、事前の申込みがあればどの会場でも受けられます。また、科目の時間割表に従って、自分が受験する科目の時だけその会場に行けば良いです。なお、試験当日の持ち物は、提出した願書の一部分でもあり郵送されて戻って来た写真付きの受験票、そして筆記用具だけです。


高卒認定試験って?