クラーク記念国際高等学校の高卒認定

クラーク記念国際高等学校の高卒認定対策

高卒認定試験って?

 

2013年5月に、世界最高齢となる80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏が校長を務めるのが「クラーク記念国際高等学校」です。
北海道の本校のほか、全国各地にキャンパスがあり、自分の好きなキャンパスで授業を受けられるほか、Web授業を活用して高校卒業資格を得ることができます。

 

クラーク記念国際高校は、単位制・通信制高校という区分にはなるのですが、独特の「全日型教育」システムを採用しているユニークな高校です。
全日型教育システムとは通信制ではあるのですが全日制高校と同様に制服を着て週に5日間通学する制度のことで、通信制では孤独になりがちな学習にメリハリと活力を与えてくれることが期待されます。また、クラーク国際高校の全担任がカウンセラーとしての資格を有していて、

  • 生徒のより専門的・具体的ケアを行える点
  • 独自の英語カリキュラムを通じて英検1級も目指すことのできる教育環境
  • 連携校や推薦指定校の充実度から国内外への進学に強い体質

など、多くの画期的な体制を導入している学校です。
クラーク国際高等学校の高卒認定 

WEBコースも用意

週5日通う全日型の通学制に対して、1ヶ月に1~2日間の通学だけで、あとはWeb上の仮想キャンパスで時間や場所を問わずに学習を続け、高卒資格を得られる制度もあります。高校生としての学習のほか、各キャンパスが、プロの講師を招いて趣向を凝らした授業を行うように努めているため、自分の好きな勉強に取り組みながら卒業することができるのです。

 

そんなクラーク国際高校が、高卒認定試験で合格した科目を卒業要件の科目単位に振り替えることが可能です。
高卒認定試験を目指したが、なかなか苦手科目を克服できなかった、やっぱり高校生としての学生生活を過ごして高校を卒業したい、といった希望を持つのであれば、クラーク国際高校は選択肢の一つとして挙げられることでしょう。

 

まとめ

上記で紹介した制度はクラーク国際高等学校だけが高卒認定を単位として活用出来る出来るわけではありません。学校によって価格が変わってきます。あなたがもし高校卒業資格が欲しいのであれば高卒認定の単位を使える通信制高校を探してみるのも良いかも分かりません。
高卒認定試験って?