第一学院の高卒認定

第一学院の高卒認定対策

高卒認定試験って?

 

全国にキャンパスを構え、広域型通信制を導入しているのが第一学院高等学校です。
文字通り、卒業すれば高卒の資格を得られるれっきとした通信制高校です。

 

自分の住所の近くにあるキャンパスに、

  • 一般の高校生と同様に毎日通学して高校卒業を目指す通学型普通コース
  • 芸能・エンターテイメント分野に特化した学習を行えるコース
  • 原則年1回のスクーリングに参加するだけであとは自宅でWebで学習を進める通信コース

など、通信制・単位制を有効に活用した学校独自のカリキュラムを通じて、柔軟な進路選択が可能となっています。第一学院は、高卒認定試験への対応も行っているのが特長です。

 

第一学院の高卒認定の特徴

高卒認定は、それを取得しても高校卒業にはなりませんが、高卒者と同じような立場で進学や就職、各種の試験などに臨むことができるようになる国家資格です。
第一学院は、高卒認定試験への対応として、

  • 通学型
  • 通信型

の2コースを用意しています。

 

「どうせ通学するのなら、きちんと高卒資格が得られるコースを選択すべきでは?」
と考える人も少なくないかも知れませんが、あえて高卒認定を狙うメリットがあるのです。
高校卒業資格を目指す場合は、学習指導要領に沿った学習を規定時間行い、卒業要件を満たすまで各科目で単位を取得しなければなりません。
一方で高卒認定は、とにかく年に2度行われる試験で合格をすれば良いので、学習時間は全く問われません。つまり、高校を中退したという人が、

同級生と同じタイミングで社会に出たい進学したい

という場合には、高卒認定で時間のギャップを埋めることができるのです。
第一学院の高卒認定 

 

高卒認定試験は、独学でも受験し合格することが可能な試験です。
しかしどうしても克服できない科目が出て来て、なかなか合格にたどり着けないという場合もあるかも知れません。第一学院では、高卒認定試験の科目免除制度と通信制高校であるメリットを利用して、高卒認定試験で難易度が高い科目については、Web等で学んだ上でレポートを提出することで単位を取得、高卒認定試験ではその科目をパスするという対応が可能です。

 

まとめ

このように制度としてはとても充実した第一学院ですが、強いてデメリットを言えば、学費がそれなりに掛かってしまうという点です。どうしても私立高校並、あるいは予備校並の学費が発生することは覚悟が必要です。(年間30万~100万・コースによって価格は変わります)

 

高卒認定試験って?