高卒認定試験,日本史の参考書

高卒認定試験、日本史の参考書

高卒認定試験って?

 

高卒認定日本史の参考書に書かれてあるポイントと試験の頻出度表を紹介します。頻出度表から

  • どこを重点事項とすればよいか
  • 点数の配分から勉強を抑えておくポイント
  • 総合的に日本史を合格する為の勉強法

などを紹介していますので参考にしてください。

 

項  目  名 出 題 率
近代以前の日本  
江戸時代(近代以降)
明治時代 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
大正時代 ☆ ☆
昭和時代(第二次世界大戦前) ☆ ☆
昭和時代(第二次世界大戦後) ☆ ☆ ☆
複合(時代のまたがっているもの)
世界史  
その他(資料の読み取りなど) ☆ ☆
   

 

  • 同じような問題が角度を変えて何回も出題されていますので、過去問題を何度もやることが大事です。例えば、「井伊直弼」などは出題された次の回の試験でも出題されていたりします。
  • 年号をたくさん憶えなければならないと思ってしまいますが、ある種の法則に基づいて出題されている問題も多くあります。テキストなどでその説明もしますので、よく理解して学習しましょう。
  • 単純に知識を詰め込むだけでは解けない応用問題や、少しひねった問題も出題されています。基礎知識をしっかりつけて過去問題など多くの問題をこなしましょう。

▼高卒認定の参考書はコチラ▼今すぐ押してね▼