高卒認定試験の試験範囲

高卒認定試験の試験範囲について

高卒認定試験って?

 

高卒認定試験範囲は学年でえいば

中学3年生~高校2年生といわれています。

高卒認定の過去問についてでもお伝えしていますが、毎年傾向は同じです。だからといって優しい試験ではありません。高卒認定試験の合格率は35%前後となっています。きっちり過去問題を攻略して疑問点は解決しながら対策を行う必要があるでしょう。ここでは各科目の試験範囲について頻出度の高いものを紹介したいと思います。高卒認定試験を独学でと考えている方は参考にしてください。

 

日本史の試験範囲

  • 明治
  • 大正
  • 昭和

の時代についての問題が多く出題されて、その中でも第二次世界大戦についての問題が良く出てきます。詳しくは高卒認定日本師の出題傾向についてをご覧下さい。

 

国語の試験範囲について

  • 連体詞
  • 副詞
  • 係助詞
  • 助動詞
  • 古文・動詞・用語

などもそれぞれが問題数が少ない文ミスを重ねてしまうと痛い減点となるので要注意です。詳しくは高卒認定国語の出題傾向についてをご覧下さい。

 

生物の試験範囲について

 

 

化学の試験範囲について

大問はいつも4つで構成されていて、

  • 物質の変化が6問
  • 物質の構成から6問
  • 有機化合物から4問
  • 無機物質4問

この中からおおよそ出題されます。詳しくは高卒認定試験化学の出題傾向についてをご覧下さい。
高卒認定 試験範囲 

現代社会の試験範囲について

  • 「現代社会と我々の生活」
  • 「現代社会と青年期」
  • 「社会とのつながり」
  • 「経済のしくみ」
  • 「国際社会関係」

はかなりの確立で出題される傾向にあるようです。詳しくは高卒認定試験現代社会の出題傾向についてをご覧下さい。

 

数学の試験範囲について

  • 乗法公式
  • 因数分解
  • 平方根

の3つが主なテーマになります。詳しくは高卒認定数学の出題傾向についてをご覧下さい。

 

英語の試験範囲について

大きな得点源としては

  • 会話分で、場面設定された会話など理解する問題
  • 英文内容把握で英文の内容についての問題に答えるもの

が重要です。詳しくは高卒認定試験英語の出題傾向についてをご覧下さい。

 

世界史の試験範囲について

  • 東アジア
  • 西アジア
  • アフリカ
  • ヨーロッパ
  • 南北アメリカ

はかなりの確率で出題されることが多く、地域がまたがっている複合問題も多いようです。詳しくは高卒認定試験世界史の出題傾向についてをご覧下さい。

 

まとめ

それぞれの科目の詳細はページで紹介しています。まずは試験範囲を理解し、高卒認定試験参考書予備校などを活用して合格を目指しましょう!